2018年03月06日

塩水で大丈夫?

黒地に青白い筋が一本入ったスポーティなアゲハチョウ。
アオスジアゲハ。
飛翔力が高く、早いスピードで、樹木や花のまわりをめまぐるしく飛び回る。
南方系のチョウで、西南日本では極めて普通に見られるが、
本州中部以北ではあまり多くなく、秋田県あたりが北限となる。
オスは、湿った地面で吸水することも多い。
Saosuji.jpg
ここは汽水域。塩分を含んでいても大丈夫なのか?
ちょっと心配になりました。

石垣島で遊ぶなら
携帯・スマホはこちら
qrcode2.jpg
posted by Staff at 17:25| Comment(0) | 石垣島の蝶

2017年01月29日

タテハモドキ

今日も最高気温26度の夏日です。
久しぶりにTシャツ、短パン、サンダルでお散歩。
暖かいので蝶もたくさん飛んでいました。
九州南部から琉球列島に分布するタテハモドキ。
低地の耕作地や道路際の明るいところで普通に見られる。
目玉模様が特徴ですね。
食草はゴマノハグサ科のスズメノトウガラシなどです。
ネットで検索すると、微妙に模様の違うたくさんのタテハモドキが存在します。
Statehamodoki.jpg
posted by Staff at 18:28| Comment(0) | 石垣島の蝶

2015年12月05日

メスアカムラサキ

メスアカムラサキは雌雄の色相が大きく異なるので有名な蝶です。
写真でご覧の通り雄は黒い翅に白い斑点がありますが、
雌はカバマダラに似た橙色です。
毒蝶のカバマダラに擬態していると言われています。
アジア、アフリカなど全世界に広く分布しますが、
日本では八重山諸島、沖縄諸島、九州などで姿を見られる迷蝶です。
幼虫が寒さに弱いので、越年は困難であり、
日本では迷蝶と言われていますが、
石垣島などでは土着説もあります。
雄は丘の上や山頂などに姿を見せます。
この写真はバンナ公園で11月14日に撮影したものです。
上がオス、下がメスです。
S_mesuaka.jpg

S_mesuakamurasaki.jpg

posted by Staff at 16:58| Comment(0) | 石垣島の蝶
フィールドネイチャー石垣島はこちら!